スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
It's Time !!! !(祝オバマ大統領誕生)
Thu.06.11.2008 Posted in シネマガールの日記・アメリカ生活
0 comments 0 trackbacks
Hope
banner_02.gif

ちょっと遅れてのブログです。

会社にいる熱狂的民主党員で、オバマ・キャンペーンのボランティア活動のために生きているシャロンというおばちゃんは、当日もちろん会社を休んでおられました。

朝の6時から夕方の6時まで、投票所から40フィート離れた民主党テントで、最後の選挙活動をしてたそう。

共和党テントと隣りあわせだったけど、けんかもせず和やかに一日を過ごしたわ、といってました。


彼女は週末になるとドア・トゥー・ドアの選挙運動をしていて、私も誘われたのだけど、赤の他人の戸を叩くなんて、怖くてできませんでした。

でもやればよかったと後悔しています。もちろんあとにたたずだよね。


オバマ・キャンペーンのボランティアはうちに2度来たし、電話は最後のほうは毎日かかってきていました。

ミシェル・オバマの録音メッセージで「バージニアでは不在者投票が可能です。お問い合わせはバラク・オバマ・ヴァージニア・ドット・コムまで」というのもありました。

そしてマケイン陣からはなにもなかった。
電話も、訪問も、はがきも。


オバマの選挙戦は完全に草の根ゲリラで、インターネットを通じた個人献金がメインということで、選挙にいくらお金を使おうが、多くの人が50ドルとか100ドルずつ出して集まった資金が、企業献金のサポートを受ける共和党の二倍以上だった、というのが、人々に選ばれるべくして選ばれたんだなと納得する。

そして、そういった行動力、次世代的なアプローチも、みんなこれからの政治に生きるだろうし、アメリカをどん底から救ってくれると信じられる。




火曜日の夜は選挙結果を7時ごろから友人宅でテレビにかじりついてましたが(旦那は出張中だったの)当確がでるまでやっぱり不安でしたねー。

特にオハイオが青色に染まるまでは、友人ともども呼吸困難になりそうでした。

マケイン個人にうらみはないけど、また共和党から大統領が出るなんて、しかもペイリンの勝ち誇った顔をみるなんて悪夢そのもので、ぜったい受け入れられない事実だから。

でもマケインの敗北宣言スピーチは、よかった。
やっと本来のやさしいおじいちゃんに戻ったようで、「よく頑張った」とハグしてあげたいとまでおもったけど、やっぱり奥さんは氷のような冷たいブロンド美女で、あんなのを選んだのだし、ペイリンもしかりですね。



オバマ大先生のスピーチは歴史に残るものだったけど、娘たちに子犬を約束するお父さん、というイメージがとっても素敵で、あの小さな娘さんたちのためにお父さんの安全を願わずにはいられません。

税金上げてもいいから、シークレット・サービスにお金をかけてもらいたいです。


P.S.
サウスパークが好きな方はこちらがお薦め。


オバマ、写真集リンクはここここもみてね。




クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« ぼくたちの奉仕活動(2008) | Home | レイチェルの結婚(2008) »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。