スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スラムドッグ$ミリオネア(2008)
Mon.24.11.2008 Posted in 人間ドラマ
2 comments 0 trackbacks
slumdog
banner_02.gif

原題:Slumdog Millionaire

先週末はこの映画、限定公開だったので、わざわざジョージタウン(ワシントンDCにある)までいって、7ドルの駐車代払っていってきた甲斐があった。

なんか一言でいうと、「いやぁ、映画ってほんとーにいいもんですね!」(故水野晴朗氏へ捧ぐ。)

映画が作り出す魔法にかかって、運命の力を信じてしまう。
すごいよ。すごいからみてみてください。


「フー・ワンツ・トゥ・ビー・ア・ミリオネア?」というクイズ番組は日本版では「クイズ$ミリオネア」としてみのもんたが司会でやったとききましたが、そのインド版にスラム街出身の貧しい青年が出場するお話です。

まともに学校もいっていない「スラムドッグ」が、クイズの答えを全部知ってたわけがないと、いかさまの疑いがかけられて、最後の問題に差し掛かって、翌日持越しとなる夜に逮捕されてしまいます。

何で答えを次から次への知ってたのか。
青年が語り始める生い立ちに鍵があるのだ。
そしてなぜ、青年はクイズ番組にでることになったのか?


インドといえども大きな国で、言語も民族も数え切れないくらいある。
インドにイスラム教徒が多く住んでいて、ヒンズー教徒と対立していることも知らなかった。スラム街で孤児たちが生活をかけて織り成すドラマは『シティ・オブ・ゴッド』と並ぶすさまじさだ。

主人公のジャマールのようにゴミ捨て場をあさって暮らす子どもたちはかなり多いんだろう。そこで鉛や水銀などの汚染物質を吸って、病気になっていく子どもたちのドキュメンタリーを思い出させます。

そんな孤児たちを拾って物乞いをさせる組織がある。(この部分は結構みてて苦痛。)

有名なインドの列車網での生活や、タージマハールも印象的だけど、ジャマールが成長していく中、インドも着実に成長をつづけていて、現在に至ると、スラムを縫うように巨大ビルが立ち上がって、世界中からの企業が集まり、英語圏のカスタマー・コールセンターのメッカのようになっている。



しかし、メインはロマンスですよ。ロマンス。

幼馴染のラティカは、お約束どおりの美女になっていて、ジャマールとの切ない恋のものがたりはどうなるのか。


お楽しみにー。


クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« クイズ・ショウ (1994) | Home | ウォンテッド(2008) »

comments

わー。この映画、すっごい観たいんです。
町山智浩さん
http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi
が紹介されてて知りました。
日本で配給されることを切に願っています。
インドって、国はでかいし、宗教もそれこそいっぱいでしょう。
クリスチャンの多い地域もあるって聞いたことがあります。
最近興味あって色々食べ歩いてるんですが、
料理だって地域によってずいぶん違うみたいです。
その料理だって満足に食べられる人と、食べられない人がいる上に、
根強いカースト制度もあって。
その国をテーマにした映画を、あのダニーボイル監督がどんな風に仕上げたんだろう。
もう、観られなかったら泣いていいですか、って感じです。
インド、絶対行って見たい国のひとつです。

★のんのんさん

こんにちはー。
私もインド行ってみたいです。
あの鉄道網がなんとも魅力的で。

この映画の舞台は11月にテロのあったムンバイなんです。ニュースをきいたときは、あぁ、あの都市なんだ、と思いました。

ダニーボイルって今まで注目していなかったのですが、別の作品も見てみようかと思いました。
のんのんさんのおっしゃる雑多なインドをうまく表現していると思います。

日本で早く公開されるよう願っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。