スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハウルの動く城(2004)
Wed.31.12.2008 Posted in SF・ファンタジー
0 comments 0 trackbacks
howl's moving castle
banner_02.gif

英題:Howl’s Moving Castle


年末年始をうちで過ごすためにきていた旦那の姪(中学生)&甥(小学生)と一緒にみました。


英語吹き替え版だったのがよかった。

ハウル役のクリスチャン・ベイルのセクシー・ボイスのおかげで、最後まで興味をもちつつみることができました。

やっぱりベイルはうまいよ。
若々しくも、威厳のあるしゃべりで、デビルマンのような外見になっちゃっても、声は惚れたもん。

でも違和感ありなのはハウルの外見が女の子みたいなこと。
それは姪もうちの旦那もいっていた。
髪がグレーになったら、主人公の女の子と区別がつかないとこがあった。

日本では中性的な女の子のような美形男子がインだということですかね。

かつての沢田研二が中性世的だと騒がれたけど、でもやっぱり男らしかったもんですよ。

いまはジャニーズ系みんな、というかキムタクからしてフェミニンですもんね。(友達のうちにあった写真集をみて、旦那が「女性みたい」とコメントしていました。)


フェミニンなハウルはいいとして、物語やらキャラクターは、このお映画もっと説明がいるよね。

あとでネットで解説読んで、あーなるほどとわかったことが沢山ありました。

いつもどおり姪は寝ちゃったけど、甥は最後まで興味深くみていた。

宮崎作品がどうの、というよりピクサーやディズニーのCGアニメよりも、日本のセル画のアニメはやっぱりいいな、とおもった。

クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« ピンポン・プレイヤ(原題) (2008) | Home | ミス・ペティグルーの素敵な一日(2008) »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。