スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
300 <スリーハンドレッド>(2006)
Mon.19.01.2009 Posted in 歴史もの
0 comments 0 trackbacks
300
banner_02.gif

原題:300

友達のヘレンがDVDを貸してくれた。

彼女のイチオシ、ジェラルド・バトラーを見るために。

しかも旦那さんのお気に入りだということで。


古代ギリシャのスパルタ王、レオニダスがたった300人の兵だけで、ペルシア軍100万人を受けてたった、というテルモピュライの戦いのお話、だそうです。

高校の世界史で習った覚えがあるものの、またウィキペディアで調べてみたらスパルタ教育で有名なスパルタのこと、当時の市民と奴隷のしくみとか、勉強になりました。

勉強じゃないと、ずんずんリンクを追って調べていってしまうものですね。


映画のほうは、好みじゃないから、寝てしまったー。

劇画ベースで背景はほとんどCGで、フランク・ミラー作で、というところは『シン・シティー』と同じですが、こっちはちょっと感情的すぎ。

しかも言葉の選び方が安易過ぎ。

まあ日本の「北斗の拳」を実写にするよりは、カッコよくできてるので、こんなところかな。


ヘレンの旦那さんには悪いけど、バイオレンスなところ、お色気シーンの多用、ちょっとプロレスチックなところ(特にオムツのようなスパンデックス・パンツ...)、単純な男性ウケするんだろうな、と思いました。


戦闘シーンはいくらすごくたって、どうしても『ロード・オブ・ザ・リング』とか『ブレーブハート』と同じに見えてしまうのは、あんまり興味がないからなんだろうね。


そんな私からいって見どころといえば、マンガと一緒で、これをきっかけに歴史に興味をもたせてくれた、ということかな。


クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« プライスレス 素敵な恋の見つけ方(2006) | Home | バラク・オバマ大統領就任祝賀コンサート »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。