スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グラン・トリノ(2008)
Thu.29.01.2009 Posted in 人間ドラマ
0 comments 0 trackbacks
gran torino
banner_02.gif

原題:Gran Torino

『フロスト・ニクソン』が近くの映画館でやってなくて、こっちを見たんだけど、当たりだった。

勧善懲悪で分かりやすいストーリーなので、風邪気味のボーっとした頭でも理解できたし。


この映画のいいところは、人種差別主義と呼ばれて憤慨しつつも白人の友達しかいないようなコンサバの人たちも、有色人種や移民の人たちも、ストーリーを追うだけで、両方の気持ちが分かるようにできてるところだとおもう。

クリント・イーストウッドは、今までのダーティー・ハリー系の役柄を自らいじってるうえに、さらに気難しくて偏見をもってて、アメ車しか乗らないような古いタイプ(オールド・スクール)のオヤジなんだけど、このオヤジがアジア系ギャングの若者を銃で脅すだけで、なぜか快感を感じてしまうのです。

なんで、快感なのかというと、イーストウッド演じるオヤジには嘘がなくて、しゃべる言葉みんな奇麗事なしの本音だから共感してしまうし、思わず笑ってしまうコメントが多々あってさ。


オヤジに守ってもらったとおもったとなりの移民家族は、お供え物をするようにお花や料理を玄関先においていって、オヤジはどうしていいか分からず、ノーノーとか言って捨てるんだけど、何日目かには美味しいチキンに折れて、受け取ったりするところ。人間のポジティブなフィードバックが心を打つのよね。


移民家族はアジア出身のモン族という人々で、国境を越えて中国、ベトナム、ラオスに生息してて、アメリカにはベトナム戦争後にやってきた移民が何百万人といるということ、初めて知ったわ。



さらにオーディションで選ばれた移民姉弟の二人が、やはりいいです。

お姉さんのほうは活きのいいタイプで、イーストウッド演じるウォルトが気に入るような、キラリと光るものがある。

弟はシャイでロウキイだけど、頭は切れるようなキャラが上手。床屋のシーンに注目すべし。

そしてグラン・トリノ。

ってフォードの車種だったんですね。

あんな燃費悪そうな車が、幻の名車だなんて、私は車ファンでないので全く分かりません。

やっぱりオールド・スクールへのトリビュートということかな。


クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« 永遠のこどもたち(2007) | Home | プライスレス 素敵な恋の見つけ方(2006) »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。