スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
永遠のこどもたち(2007)
Sat.07.02.2009 Posted in 犯罪・ミステリー
0 comments 0 trackbacks
orphanage
banner_02.gif

原題:El Orfanato/The Orphanage

ホラー、ということで旦那は最初から見るのを拒否してたけど、私はなんとなく見始めたら最後まで観てしまって、だまされた感もなく、良質のミステリーだなーと思いました。

よく『アザーズ』(ニコール・キッドマン主演)と比較されてるようで、そんな雰囲気は確かにあることはある。

古い屋敷の持つ怖い雰囲気とか、突然尋ねてくる老婆とかね。


子どもがある日突然姿を消してから、母親が半狂乱になりつつもあきらめずに探し続ける、というパターンはよくありがちで、さて子どもは一体見つかるのか、どうやって取り戻すのかとかの展開で、ストーリーの良し悪しは決まってくると思います。

たとえばジュリアン・ムーアがやった『フォーガットン』は最悪だった。
今やってるアンジェリーナ・ジョリーの映画もそんな感じなのかなと想像していますが。

それで、この映画はどうかといったら、仮面パーティーの怖さなどのヨーロッパ映画のセンスを感じつつ、イマイチ主人公の母親に感情移入できずでした。

主演の女優さんはキレイでなんとなく倍賞美津子似の好印象だったのに、子どもがダメで。(知り合いの姪っ子の写真に似た顔してて、事情あってその姪っ子に好印象がもてないので、、、)

だから、あまりお母さんと子どもの絆が感じられず、夫からも孤立してまで固執するものなのか。

私は母親ではないので分かりませんでした。

最後は演出のギレルモ・デル・トロの 『パンズ・ラビリンス』式で、複雑な終わり方でしたね。

あれはあれでよいのでしょう。

スペインで興行成績第一位に上がったというくらいの傑作らしいです。


クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« ヒーズ・ジャスト・ナット・ザット・イントゥ・ユー(原題)(2009) | Home | グラン・トリノ(2008) »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。