スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハーバード・ビーツ・イェール・29-29(原題) (2008)
Mon.27.04.2009 Posted in ドキュメンタリー
0 comments 0 trackbacks
harvard yale
banner_02.gif

原題:Harvard Beats Yale 29-29


1968年にハーバード大学のアメフトチームがライバル校であり、ランクでは全然上だったイェールに29対29で引き分けた試合を、いまは中年となった両校の選手たちが懐かしそうに語るというドキュメンタリー。


もうこれは絶対テレビでいい内容ですが、映画館に行ってしまいました。
払った7ドルが惜しいです。

引き分けなのになんでハーバードが勝ったという言い方なのかというと、最初ぼろ負けしていたところを後半の後半追い上げて、しかも残り45秒で16点入れたというところが、信じられないほどのドラマなのでした。


野球で言うと、ちょうど九回の裏、10点差を縮めて同点で終わる、というようなかんじでしょうか。


当時のカレッジ・フットボール事情に詳しい年代の方にはたまらないらしく、うちの会計事務所の年配(重鎮)の方々が、「いやー、これはいい映画だったよ」などと、タックス・シーズン打ち上げパーティで盛んに薦めていたので、旦那も行きたいというし見に行ってしまいました。


ミーハーな私は、トミー・リー・ジョーンズ(当時ハーバード大のオフェンシヴ・タックルだった)がインタビューではほかの一般の方々よりもロウキイだったことや、アル・ゴアとルームメートだったとか、イェールの選手だった今は小太りのおっちゃんが、当時メリル・ストリープと付き合ってたといって、一緒の写真を見せびらかせたり、といったゴシップしかあまり印象に残らないんで。すみません。


クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】

スポンサーサイト

« テラビシアにかける橋 (2008) | Home | スウィート ヒアアフター (1997) »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。