スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テラビシアにかける橋 (2008)
Tue.05.05.2009 Posted in 恋愛・青春もの
2 comments 0 trackbacks
bridge to terabithia
banner_02.gif

原題:Bridge to Terabithia


先々週末に、近所に住んでいるシングルマザーの友達タミイが娘と晩御飯を食べに来てくれたときにテレビでやっていて、ついつい最後までみんなで見てしまった子供向け映画。

タミイとは大学で一緒で、よくキャンパスでやってる無料映画ナイトに行ったものでした。

彼女曰く、この映画を映画館でみて大泣きしたそうで、そういわれたら展開がわかってしまいました。



なにはともあれ、このキュートな主演の女の子は、アナソフィア・ロブといってタミイの娘がファンらしく、小学生に人気があるようですが、なかなか可愛かった。

長靴下のピッピ的なブーツでね。

インパクトはそれくらいで、主人公の男の子は影が薄かったような。



子供向けファンタジーとしては『スパイダーウィックの謎』となんとなく似てるけど、こっちのほうがお涙頂戴度が強くて、私は素直に泣けませんでした。

素直な子供の心がもはやない私はだめだったのかもしれない。

小川を渡った向こう側の森で、主人公の男の子と女の子は想像の力を働かせて王様と女王様になって遊んだり、いじめが日常茶飯事の学校での生活があったり、家ではブルーカラーのお父さんが厳しかったり、学校の音楽の先生に淡い恋心をいだいたり、子供の世界がうまく描かれてるみたいけど、魔法も、異次元の世界も、不思議なこともなくて、ただ想像の世界なのがだめでした。

興味が全然わかないの。


子供が生まれたら、こういう映画しかみられなくなるわよー、とタミイにいわれてしまい今からちょっと恐怖です。

私たちがとても慕っていた大学の教授が、6歳の息子とよくR指定の映画をみてたじゃない、といったら、だからあの教授は5回も離婚してるのよ、ときりかえされた。

いまのうちにバイオレンスものを見ておかないと。



クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« モンテーニュ通りのカフェ(2006) | Home | ハーバード・ビーツ・イェール・29-29(原題) (2008) »

comments

私もこれ娘と観にいきました。 でも寝なかったからまだ面白かった方かな。
「機関車トーマス」とか「エルモの大冒険」とかは爆睡してましたから、それに比べれば最近は「17 again」なんかを観にいって、二人でエフロン萌えしたり、結構楽しんでます。 辛いのはやっぱり6,7才ごろまでね。 
今娘は11ですけど、本人が観たいと言えば、私はR指定でも連れて行きます。 駄作観たくないし、レイティングよりも映画評の★マークの方が娘と劇場に行く際に気になりますね。 

★Sycoさん

久々にえろサイトとかスパム以外のコメントがきてるぞーとおもったらSycoさんだったとは、嬉しい限りでした。私もたぶんR指定でもいけるとおもったら一緒にみたいですねー。でも7歳かぁ。これから7年、ディズニーとかアニメとかの世界につかるのかとおもうと、ブルーです。Sycoさんが「エルモ」を乗り越えたように、がんばりますわ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。