スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7つの贈り物(2008)
Sat.30.05.2009 Posted in 人間ドラマ
0 comments 0 trackbacks
7pounds
原題:Seven Pounds


Rotten Tomatoesで26%という、恐ろしく低いスコアなので見たがらない旦那を、友達のタミイがせっかく貸してくれたからみないとということで、説得してみたら、そんなに悪くなかった。

と旦那も云ってます。



偶然にも前回紹介の『ルックアウト』と同じ主人公が過去に起こしてしまった交通事故でトラウマを負ったお話。

さらに偶然にも盲人もでてきます。今回はウッディ・ハレルソンで、彼に似合わず真面目な盲目の男をやってて好感度だったわ。


この映画を見た人に「ウィル・スミスがIRS(国税局)の職員なんでしょ?」と聞くと、みんなが「それはいえない」と口をそろえて言うので、そこがクリアしたいポイントだったのだけど、まあいえない理由はわかりました。


この邦題だと、みててすぐに内容がわかってしまうだろうから、ネタばれコメントしてしまいますが、主人公が交通事故でフィアンセを含め7人を殺してしまい、その罪滅ぼしに7人の「いい人達」に自分の臓器を与えようと、いい人たちを探して回るんだけど、そんな人間って善悪はっきりしてるわけでもないし、臓器移植だから血液型とかのマッチングとかの条件もあるだろうし、細かいところは無視して都合よくみるしかないのが痛いところかな。


あとはウィル・スミスとロザリオ・ドーソンのロマンスがなんか陳腐な始まり方で、ちょっと無理があったけど、一番大事な心臓(ハート)をあげるためには必要だったのかもしれないね。

まあサプライズとしてはちょっとしか出ないバリー・ペッパーの役どころが意外だので、この俳優が好きなだけにうれしいものがありました。


ウィル・スミスの子供時代役は似てないぞとおもったら、トム・クルーズの養子コナーくんなんだそう。



クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】

スポンサーサイト

« レスラー (2008) | Home | ルックアウト/見張り(2007) »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。