スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで(2008)
Tue.30.06.2009 Posted in 人間ドラマ
2 comments 0 trackbacks
revolutionary road
原題:Revolutionary Road

予告編をみて、旦那が「この夫婦、何が一体不満なんだろう?」といっていた。


魅力的な二人が20代で結婚して、郊外の閑静な住宅街に一軒家を買って子供に恵まれての暮らしは、30代半ばで結婚して、後半でやっと子供が生まれる私達のような人間にとっては、なんで不満に思えるのか想像できないのだ。


でももっと若い人なら共感できることなのかもしれない。

会社の同僚ヘレンはいま26歳で、大学を卒業してすぐに結婚して、私の住むワシントンDCの郊外に引っ越してきた。

彼女にこの映画のことを聞いたら、まだ観てないけどなんとなく話の内容はわかってて、「郊外に落ち着いてしまって抜け出せない自分へのあせり、完全に共感できる」といっていた。

私はケイト・ウィンスレット演じるエイプリルに共感できないけど、ディカプリオ演じる夫、フランクはいくらか共感できた。


フランクは、悲しいけど若い頃の夢が全部かなうとはおもってなくて、それでもできる範囲で頑張ろうとしてるのだ。


エイプリルは今の単調な生活が耐えられないだけで、パリに移住しよう!というアイディアも特に深い理由はない。

具体的にこれといってやりたいことがあるわけでもなくて、それは夫に託しましょうというのが、私はいくらか自分勝手だとおもう。


若いときは美人だからチヤホヤされただろうし、女優の卵としての明るい未来を描いてたろうけど、女優の才能なかったんだから仕方ないじゃない。


でも「なにか」漠然と刺激のある生活がほしいエイプリル。

そしてそこまで刺激を必要としないフランクと少しずつ歯車がずれていってしまったのは悲劇だし、二人の「幸せな生活」が結局一致しなかったのは、結婚するまでの期間が短かったからなかな、ともおもう。


不動産屋のおばちゃん役で登場するちょっと細くなったキャシー・ベーツはそんなエイプリルに追い討ちをかけるかのように、退屈な郊外生活の成れの果てのようで、あれもいけない。


その息子は精神病院の患者だし。


この精神病の息子役(マイケル・シャノン)はアカデミーにノミネートされていたらしいですが、彼が出るところがやはり面白かった。

精神病患者と出すところがにくいです。

エイプリルとフランクのいる郊外が、「カッコーの巣の上で」の精神病院状態だといってるのかな。

そこまで悪くないと思うけど。アメリカン・サバーブ。



それにしても邦題の 「-燃え尽きるまで」 ってのもイマイチ。

燃え尽きた、というよりは、冷え切った、じゃないかな。



クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】

スポンサーサイト

« シネマガールJr.誕生 | Home | フロスト×ニクソン(2008) »

comments

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

★norikoさん

はじめまして。コメントありがとうございます。寝てしまったのは不覚でしたが、麻酔のせいなので仕方ないですね。またコメントおねがいします!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。