スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
産休中
Mon.17.08.2009 Posted in シネマガールの日記・アメリカ生活
3 comments 0 trackbacks
t1

7月2日に子供が生まれて、9月いっぱいまで産休をとりました。

といっても、中小企業のうちの会社には産休制度はなくて、3年間働いてためた、病欠、残業時間、休暇を使って休んでいます。

(PW&Cにいた会計士はFarternity Leave=父親の産休、で6週間有給で休めた、といっていた。大企業はちがいますね。)

その日数を超えて休むと、Leave Without Payといって、手当てなしになって、逆に健康保険の自己負担額を払い込まなくてはならなくなります。

10月からは申し込んでおいた託児所の新生児室に空きがでるので、それまで休むと、ためていた休暇をほとんど使うことになります。



先週で産休も半分まできたのですが、やはり最初の一ヶ月は大変です。

一日中うちにいるのだから、いろんなことができると思っていたら大間違いでした。

子育てをした事のあるお母さんみなさんに私は脱帽です。


赤ちゃん経験ゼロで望んだ私は、ホント、クルーレスでしたが、最初赤ん坊って2~3時間ごとに授乳が必要なのですね。

単純計算で一日8回授乳があるわけです。

毎回ではないですが、授乳のたびごとにおしめ換えて寝かしつけてたら、なんだかんだで2時間たってしまいます。(4時間子供が寝ないこともある!)

2時間x8回で一日16時間は、赤ちゃんへの召使い状態です。

残りの8時間が自分への時間で、たいていは寝ていたい。


というわけで、子供が寝付いたらすぐに寝る。

映画を見る暇もないし、ネットサーフィンする時間もろくにない。

レザメ(履歴書)のアップデートも、職探しもホールド状態です。


日本だと里帰り出産が多いようですね。
それだと24時間体制で育児をしなくていい。


うちはそのうえ生後3週間で、旦那が3週間連続で出張に行ってしまって、週末以外は休みなしで子供へご奉仕状態。


というわけで、一ヶ月以上ブログ更新できなかった言い訳を書いてみました。

プラス、一ヶ月以上前に見た映画は忘れてしまっていて、しばらくは更新できないかもです。

それでも思い出して頑張って書いてみますので、忘れた頃に覗いてみてください。



クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】

スポンサーサイト

« その男ヴァン・ダム(2008) | Home | ナッシング・バット・ザ・トゥルース(2008)  »

comments

メルアド貼り付けときます。
そうなんですよね。覚えてらっしゃるかもしれませんが、5年前小生も父親産休を3週間取るのに根回しが大変でしたよ。残業や休出がたまっていても、それが問題なのではなくて、日本側の管理職連中や納品の長期出張者、客先の担当者に全部半年前から長期父親産休の件を挨拶して回ってスケジュール組ましてもらって...。悪い風評も立ちましたが、全員協力してくれたので何とかなりました。ま、人生に1回しかないことだから、と開き直ってやってましたけどね
d(^ ^ ;
その節はシネマガールさんにもお世話になりました。m(_ _)m

旦那さんはこの不景気に出張が3週間もあるのは実はいいことです。
一人で全部やってる気分になってきついでしょうが喜びましょう。
旦那ができることはオムツ換えとミルクだけです。基本的に子供は母親にしかなつかない。
d(==#
3ヶ月がんばれば、子供もはっきり意思表示するようになるので、あとは結構楽になりますよ。
経験から託児所よりも東洋人のナニーさんをお勧めしておきます。金銭的な負担が大きいけど。
(^_ ^ ;
実は今週はキンダガーデンがバケーションで1週間留守番で子供の面倒見てます。
はっはっは。(^<+++>^)V

★DAPANZIPAPAさん

日本ではまだ父親の産休は認められてないみたいですね。里帰り出産があるからか、父親が休めないから里帰り出産になるのか。でもDAPANZIPAPAさんのように開き直ってどんどんと決行する人が増えれば、風習も変わってくるかもしれませんね。

まだまだうちの子供は意思表示は泣くだけですが、目方は増えていますよ。6週間目が変化の節目といいますが、微妙な声の出し方がかわったり、ニコッとランダムに笑ったりします。

ナニーは一ヶ月いくらくらいなのでしょう?託児所もめっちゃ高いです。でも色んな人に触れて、社会性ができて人見知りもあまりしなくなればいいなと思っています。

ナニーさんは月曜から金曜、朝8時くらいから夕方5時くらいまで、という形ですと、月1,100~1,500ドルくらいです。
開きがあるのは、連休でナニーさんがお休みだったり、夫婦の仕事の残業状況によっては、なニーさんに延長時間を御願いする事もあるからです。
社会デビューするのは、DayCareからで十分ですよ。
言葉も喋れない幼いうちから、いろんな人と接触するのは、全然必要ないし、早すぎて下手をすれば、”逆効果”の人見知りの原因を作っている可能性がある、ということも考えといたほうがいいです。
(-- ;

託児所は10人くらいの子供を1人でまとめて面倒見るので、ケアーがかなりオロソカになりがちです。
払っているコストとケアーの内容のバランスで考えたら、DAPANZIPAPA家の結論はナニーさん、で
あったわけですね。とにかく人格形成に大事な3歳までは、と3年間ナニーさんで続けました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。