スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カールじいさんの空飛ぶ家(2009)
Tue.29.12.2009 Posted in SF・ファンタジー
0 comments 0 trackbacks
Up
原題:Up


旦那の姉が5歳の姪を連れて見に行き、一人で泣いたそうですが。



冒頭10分、カールじいさんと亡き妻エリーの馴れ初めからはじまる部分はやはり泣きますな。

ああこられるとは思わなんだ。

人生って長いようで短く、まったくもって人の命ははかないものだ。

あー、これから一日一日を大切に生きよう。

なんておもったり。


旦那も私も息子が生まれたばっかりで、カールじいさんの人生が走馬灯のように流れていくところで、思いっきり自分達に投影してしまったようで、号泣。ですが。


あとの残りは宮崎映画のようでとくに目新しくもなくちょっと疲れたかな。

ラピュタとか「ハウル動く城」とかナウシカみたいな、空とびファンタジーものです。


夢がないといわれたらそれまでですが、風船で家が飛ぶわけないとか、電気も水道もない家でどうするのとか、この人たちは何日も食べてなくて平気なの?とか考えてしまう。

(他にも、二階から一階へリフトで移動するおじいちゃんが、なんで急に家を引っ張れるようになるの?なんであんな走り回ったりできんの?とか。つっこんだらきりがない。)

旦那はそうでもなくエンジョイしていたようで、私が上記の文句を言ってるのを聞き流していた。


CGアニメの質はものすごい域に来ていますね。さすがピクサー。
キャラクターは漫画チックだけど、風景や背景、とくに滝とかがすごくリアルです。

個人的にはカラフルな風船と、風船に光がさしてできるカラフルな影がキレイでおもわず童心にかえってあんなに沢山風船欲しいなとおもった。


後半のアクション部分は犬が数匹くらいならいいけど、何百匹もでてきたら可愛くなくなった。

それでもリーダー犬(アルファ)のドーベルマンの声が首輪についてる翻訳機の故障で、甲高い声になっちゃってるのは、毎回わかっていながら、タイミングも絶妙で、旦那なんて大笑いしていました。

「おらーは死んじまっただー」の歌の声です。わかりますか?(こちらでいうとチップモンク系ですかね。)
まったく単純な笑いです。


あとで知ったのが、メインキャラクターのラッセルという小学生の声は日系のジョーダン・ナガイという7歳の男の子で、なかなか可愛い声です。

ウザ可愛い小太り少年の外見とマッチしていました。


クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« (500)日のサマー(2009) | Home | クリスマスって? »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。