スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インビクタス/負けざる者たち(2009)
Sat.06.02.2010 Posted in スポーツもの
0 comments 0 trackbacks
invictus
原題:Invictus


ネルソン・マンデラは大統領になってから、人種を超えて国を団結させるためにラグビーに力をいれたそうです。


ナショナルティームにも黒人選手はたったひとりしかおらず、よって白人にしか人気なかったラグビーを黒人も応援するようになったのは、ラグビーのワールドカップを主催したその年に、オーストラリアやイングランドを抑えて決勝までいき、最後は無敵といわれるニュージーランドのオールブラックを破って優勝したから、というお話です。

モーガン・フリーマンのマンデラ役はオスカー候補なのだけど、やっぱりマンデラというよりはどうみてもモーガン・フリーマンで、声が特にそのまんま。

マット・デイモンのほうはいくらか信憑性あり。
かなり筋トレしたとみえてゴッツイところ、ジョギングの仕方、さまになってる。

ただ本物のラグビーの選手と並ぶと小さく見えちゃうからゲームのときは大きな選手とならばないような撮りかたでしたね。


ストーリーはスポ根の王道をいく展開で、それこそスクールウォーズのような不良の選手とかはでてこないけど、最後の決勝フィールドゴール(キック?)のスロモは耐えられないほどベタで、あーもーやめてくれー、という感じがしないでもなかった。

けど、これがクリント・イーストウッド監督だった。


この人はいくつなんだろう。年2本の割合で映画作ってるのがすごいわ。

最後のシーン以外の演出は地味で淡々とすすみます。
そこがいいところではあるのだけど。



クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】

スポンサーサイト

« 抱擁(2002) | Home | しあわせの隠れ場所(2009) »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。