スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アバター(2009)
Thu.29.04.2010 Posted in SF・ファンタジー
0 comments 0 trackbacks
avatar
原題:Avatar


賛否両論で話題のアバターをついにみるぞ、とおもったら途中でねてしまった。

CG/映像が凄いのが売りだけに、CGに興味がなかったら辛い映画です。

CGのナヴィ族はアニメとしたら凄いけど、実写とおもってみたらまだまだで違和感が断ち切れないし、顔はライオンで体はシマウマで全体的にデビルマン仕立ての半裸のキャラクターがぜんぜん好きになれない。

性格も単細胞で動きもぢこちない。
ハンマーヘッド・サイを挑発したり黒豹に銃をぶっ放すところとか、実践のコンバットにおいてそんなに短気でいいのか、海兵隊だから?

相手役のナヴィ族の女子は演技がオーバーすぎ。アニメとしてみたら普通だし続けて最後まで見ていたら違ったかもしれないです。最後まで見てないくせにあれこれいっててすみません。


主人公の戦士になるためのトレーニングのところで寝てしまい、ドラゴンを調教するところで起きてショッキングだったのは、アバター男子の尻尾とドラゴンの尻尾をつなげて意思を疎通するところ。

なんとなくセックス(交尾?)を連想してしまって生理的になんだかキモチワルい。
馬乗りになってドッキングしたらドラゴンの瞳孔がひらくんだもの。
レイプに近いかも、といったら旦那に「そういうふうに考えるのはおかしい」と異常者扱いされてしまった。

旦那はSF好き、ファンタジー好き、ドラゴン、戦士好きだからなんの違和感もなしの3時間を楽しんでいた。

それで翌朝あとの続きを旦那に話してもらったら、なかなかいいお話ですね。

でも全部みないでほんとうによかった。(ここから思いっきりネタバレ!!)

主人公と相手役の女子が二人でドラゴンを乗り回してると、巨大ドラゴンが追いかけてきて、ドラゴン・チェイスになるところで寝てしまったー、といったら旦那は得意げに、「彼はあとで巨大ドラゴンに乗るんだよ」と教えてくれました。


シガーニー・ウィーヴァーとミシェル・ロドリゲスはナヴィ族を助けて犠牲になるくだりはお決まりだけど、嬉しいものがあった。ヘリコプターのパイロットなんて最初に出てきてすぐにそうなるだろうとはわかってしまうけれど。

そして肉体を魔法の木に吸い込まれてジェイク(主人公)はアバターのまま先住民に同化する、というところはちょっと映像でみてみたいです。

魔法の木は、テクノロジーおたくの旦那にいわせるとCPUだそうで、植物はみんなネットワークでつながっていて、動物は尻尾をUSBのように植物につなげて情報を交換する。

凄い画期的ならしい。

『ダンス・ウィズ・ウルヴス』や『ラスト・ラムライ』とちがって、主人公は日記じゃなくてビデオ・ログつけるのがコテコテの未来、というよりは現在の表れだよね。YouTubeにでてきそうで。



クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« レビューと席替え | Home | マイケル・ジャクソン THIS IS IT(2009) »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。