スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そして、IVF
Mon.29.11.2010 Posted in シネマガールの日記・アメリカ生活
0 comments 0 trackbacks
前回のブログは転職活動を始め、一社と面接、落ちる、というエピソードでした。

通常なら一社落ちただけでは絶対あきらめていないと思うのですが、毎晩就職サイトのチェックをしながらレザメ(履歴書)を送り続けるのはかなりストレスになっていました。

タイトルのIVFは体外受精(In Vitro Fertilization)のことです。

仕事を変わりたい一心だった私ですが、転職活動と平行してもう一つの賭けを展開していました。

実は2009年7月の第一子誕生は前年に受けた体外受精の結果でした。

出産は予期せずも帝王切開となってしまい、産婦人科医からそのあと一年間は妊娠することを控えるようにといわれ、その一年が終わろうというとき私は躊躇することなく第二子を産もうと再度チャレンジすることを決めました。

不妊治療のクリニックからもらう小冊子にしても、インターネットでのサーチにしても、女性の年齢と治療の成功率ははっきりとした関連があって、若ければ若いに越したことはないというのが結論です。

とくに35歳からの成功率の低下は顕著で、42歳を過ぎたら自分の卵子ではなくドナーからの卵子を勧められるらしい。

女性にとっては酷なことですが、平たく言えば年齢につれて卵子の質がどんどん悪くなってき、それは治療にとって致命的というわけです。

もちろん40歳以上でも自然に妊娠する女性はいくらでもいるし、年齢に関係なく妊娠しやすい女性は年齢についてさほど心配する必要はないかもしれません。

しかし不妊の問題を抱えている私のような女性にとっては、バイオロジカル・クロックは確実に時を刻んでいて、何を優先させるかの選択する場合、子供がどうしてももう一人欲しいとなると、治療は最優先になります。

仕事探しはいつでもできる。

子供を産んで一段落していからだと、ビッグ4のようなところに入社してガンガン残業してキャリアを積んで、ということは無理かもしれない。

けれど、中堅どころの会計士事務所や民間企業の経理部などへの転職は狙えるでしょう。(そうだといいんですけどね!!)

子供を授かれるのは限られた時間内で、それもいつ完全に無理となるかもわからない。

治療がすすむに連れて、転職活動を並行するのは無理だという当たり前のことがだんだん現実になってきました。

まず、新しく転職が決まってすぐに妊娠発覚、産休で休みます。というわけにも行きません。

転職が決まった時点でまだ妊娠できていなければ、事後妊娠ということでまあいいかな、とも思いましたが、この転職活動のストレスが、治療に影響しているような傾向がみられはじめました。

上のウィキペディアのリンクにある体外受精の説明は、簡潔ながら要領の得ているもので、読んでいただければわかりますが、最初の一ヶ月は卵巣を休める期間で、不妊のピルを飲まされます。

そして次の2週間に徹底的にホルモン注射を繰り返し、卵巣の卵胞を成長させ、「収穫」と呼ばれる卵胞を取り出す手術をします。

そのホルモン注射の量は完全に個人によって変わってきますが、私の場合2年前の量より1.5倍に増やした状態からはじめたにもかかわらず卵胞の成長が見られず、2倍に増やされました。

卵胞の成長具合は一日おき、そして最後のほうは毎日クリニックにいって超音波を使って医師が観察するのです。

最初の2-3回の超音波では成長が見られない様子で、医師は特に危機感をあおるようなことはいわないのですが、私自身はかなりあせりました。

前回は最初から順調に卵胞が成長していったように覚えている。

今回ホルモン剤が利かないのは、ストレスを抱えてるからではないか?


治療1サイクルにかかる医療費はとても高く、私の住むヴァージニアでは医療保険でカバーが義務付けられておらず、私の場合も100%自腹です。(お隣メリーランド州では義務付けられている。)

二年前の前回は、クリニックの提供する「通常の2倍のお値段を払うと、6回まで無料コース」にして一発で妊娠することができたので、今回は一回分ずつを払うことにしてあります。

そうすると、失敗したときの痛手は大きいです。

しかも妊娠するチャンスは、年齢とともに低くなる。

転職活動は中止して、思いっきりリラックスできるような生活に切り替える。

これが私のとった選択でした。


クリックありがとう!ランキング参加中!?→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« IVFの過程 | Home | ミレニウム1 ドラゴン・タトゥーの女(2009) »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。