スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IVFの結果
Fri.17.12.2010 Posted in シネマガールの日記・アメリカ生活
4 comments 0 trackbacks
会計士関係の記事でいつもコメントくださる方々から、IVFについても感想をいただきました。

残念ながらみなさん「管理者のみ閲覧可能コメント」で一般からでは読むことはできないのですが、女性だけに多少考えることがあるトピックであったのかと思います。

私は20代前半でアメリカに来ましたが、20代終わりくらいからここ(アメリカ)ではみんなが婦人科検診に行くということを知り、知り合いの紹介で見つけた産婦人科にて検診を定期的に受けはじめました。

その後婦人科系には何も問題なく34歳で結婚、CPAテストを終えて35歳から子作り挑戦を始めたのでしたが、自分に不妊の問題があるとは予想していませんでした。

しかし実際のところ、パップ検査、血液検査、尿検査と内診でずっと異常なし=妊娠できる、というわけではなかったのです。

そしてこればっかりは試してみないとわからず、不妊の問題に気づかずに、結婚しても何かの事情よっては子供作りを何年も延期していたかもしれません。

私の場合、産婦人科でもらうパンフレットを参考に1年試してダメだと思い、専門医に見てもらうことにしましたが、その専門医のクリニックでは35歳以上は半年でダメなら受診すべき、と指導していました。

35歳を超えると、さらに時間が貴重になってくるからです。

そしてすぐに血液検査とHSG (Hysterosalpingography) という検査をしました。

血液検査では色々なホルモン値や、HIVやB型肝炎などの病気の有無を調べます。

病気の血液検査は旦那の方もやりました。

そしてもちろん旦那の精子の検査もやりました。この検査でうちの旦那は成績でいうとBプラスだといわれ本人は満足顔でした。

現在私の周りに不妊治療中のカップルが3組いますが、夫側の「種」検査で問題があるという人はいなくて、みんな逆に褒められたりしています。(笑)

旦那さんも奥さんもみな私と近い40歳前後で、やはり生殖機能と年齢の関係が悲しいかな男女平等ではないことが伺えます。

私の場合は血液検査は正常で、HSG検査で引っかかりました。

これはレントゲンで子宮内と卵管を見る検査で、カテーテルを通してレントゲンに写る液体を挿入し、子宮の形や卵管がつまっていないかなどをチェックします。

これはパップテストよりもかなり苦痛ですが麻酔なしです。

私は卵管がつまっていたので、担当だった若手のドクターが必死に「そんなはずはない」とカテーテルのサイズを再三変えて挑戦してくださり、かなり長時間苦痛に耐えることになりました。

結果、卵管の一方は完全につまり、もう一方はつまり気味。と判明。

担当医と相談の結果、そのあと、別のレントゲン専門医のところで全身麻酔をして卵管を開く手術をしました。
手術といっても開腹ではなく膣から行う軽いもので、外来で旦那に付き添ってもらいました。

その時点で私の卵管は両方開いたはずですが、そのあとの人工授精は3回失敗しました。

人工授精はホルモン剤で卵胞を複数育て、排卵誘発剤でタイミングを計って排卵させ、あらかじめふるいにかけた精子を挿入するのですが、成功の確率は30%前後です。

比較的ローテクなことからお値段はIVF(体外受精)と比べると10分の1ほどですので、やってみる価値は大いにあり、上記通り3割の人が妊娠できるのですが、逆に言うと3割x3回やってダメな場合は成功確立はゼロに近くなってきます。

そして一度目のIVFにたどり着いたわけです。当時36歳でした。

私の場合は卵管のつまりが原因でしたので、卵管をバイパスするIVFが成功したのは理にかなっていたと思います。

こんな前置きを長く書いたのは、色々とコメントをいただいて、将来子供を持ちたいけれど、結婚の予定がなく自分の年齢も気になりはじめた、とか、不妊治療をするべきか迷っている、といった方々がいたら、こんなことを話しているだろう、と思ったからです。

さて、前回のブログで第二子を妊娠すべく2回目のIVFをトライしたところで終わりました。

結果は約2週間後の血液検査でわかります。

普通の妊娠検査薬は、服用しているホルモン剤などが邪魔をして当てにならず、血液検査を辛抱強く待つことになります。

このホルモン剤ですが、私はちょっとした失敗をしてしまいました。

卵胞採取したあと渡されるインストラクションには、次の日からプロゲステロンというホルモン剤を膣内挿入で服用するようにあったのですが、よく読まずに勘違いして、受精卵を体内にもどすまで服用しないでいいとおもってしまったのです。

そして間違いに気づいたのが3日目で、あさって受精卵をもどすプロシージャを控える時点になってあわてて服用を始めました。

プロゲステロンは、胎盤ができるまで受精卵を育てる役割をします。

だから受精卵が体にない時点では必要ないと思ってしまったのかもしれません。

一度目のIVFのときは、これはお尻にグサッと皮下注射をする形式だったのですが、簡単な膣内挿入に変わって、注意を払っていなかったのかもしれません。

間違いは間違いで、あとからはどうにもならないので、ドクターにも打ち明けず(ヒヤヒヤでしたが)それからはきちんと服用するようにしました。




そして前置きが長くなりましたが、2週間後の血液検査では、ポジティブがでました!

hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンの値を見ますが、妊娠していない人は5~10以下で、それ以上は妊娠。(更年期の人には高い値が見られる。)

そして妊娠している場合、2日おきにその値が60%の割合で増えていかなくてはならず、その後2日おきに2回血液検査の予約をしました。

妊娠していても、その値が一定の割合で増えないと早期流産の可能性もあります。

そして2回目の検査で2倍以上の値がでて、3回目の検査はパスというお許しがでました。



これで妊娠はほぼ確実です。



2回目の血液検査から10日後に超音波の検査があります。

その時点で妊娠6週目で、心拍音が見られるはずだからです。

そのときは旦那もいっしょにクリニックにやってきました。

そして望んだ超音波では担当のドクターGも立会いました。

いつもの超音波テクニシャンの女性が、「これが心拍音」といっていますが、モニターは私と反対側に向いていて、旦那と担当医がうなずいているのが見えます。

まだ見せてもらえないのが不満ですが、心拍音が確認されて担当医のポジティブな顔を見て一安心です。



すると、担当医は「どうやら心拍音が二つみられます。双子ですよ。」といいます。



旦那と私は信じられず何を言ったらいいのか、考えたらいいのか、わからずです。

いまから思えば、1度目の血液検査の値は前回のIVFのときの倍でした。そして増え方も基準を上回り3度目の検査をパスしたので、双子の可能性は大いにありえたわけです。



というわけで、今回は双子妊娠、来春出産となり、タックスシーズンを最後まで働くことはできそうにありません。

それに関する職場での反応は良好ですが、いったい私の上司達がどう思っているか気にならないでもありません。


しかし、どこでだって会計士は何ぼでも雇えるが、自分の家族にとって妻、母は私一人。家族が最優先で行くしかありません。


そして、来春の産休中に転職活動を再開、ということもできますね。


embryos
双子の受精卵 超音波写真

クリックありがとう!ランキング参加中!?→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士 (2009) | Home | ミレニウム2 火と戯れる女(2009) »

comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

★Julieさん

コメントありがとうございます!CAはいかがですか?東海岸と違って日本の食材などが手に入りやすそうでいいですね!(うちの旦那の母はベトナム出身でLAで食べられるベトナム料理が大好きで、CAに引っ越すといい続けています。)気候の変化は思ったより体調に響くのですね。健康が一番ですから何をなさるにも、なるべくリラックスしてよいものを食べて体調を整えることをお薦めします。

★Mさん

ありがとうございます。Mさんは就職が決まられて、次のゴールを模索されているのですね。(母性本能は自然なことですよね!)お若いですから、キャリアを積まれてから結婚、出産、まだまだ時間はありますよ。婚活もキャリアと平行でできますし、ゆっくり人生を楽しまれてください。Big4での経験、楽しみです!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。