スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アザー・ガイズ(原題)(2010)
Fri.11.02.2011 Posted in コメディー
0 comments 0 trackbacks
the other guys
原題:The Other Guys

去年亡くなったレスリー・ニールセン(rest in peace . . .)の「裸の銃を持つ男」を思い出すような、ポリス・コメディー。


笑いは「裸の銃」ほどコテコテではないけど、でもそれってありえないでしょ?という類の連続でゲラゲラ笑っていましたが、後半モタついたのが惜しい。


凄く真面目でデスクワークの好きなオタク警察官(ウィル・フェレル)とコンビを組んでいる熱血刑事(マーク・ウォールバーグ)が、オタク警官をどうにか挑発して事件現場や捜査へ連れ出そうとするけど、最初はうまくいかない。


で、真面目な方がいつも理路整然とまともなことをいって熱血君をかわしてるんだけど、だんだんこの真面目君どこか微妙に変なのです。


何が変って、乗ってる車が真っ赤なプリウスで、超美人の奥さんがいて、謙遜でもなく「まあまま可愛い」とかいってて、しかも大学時代に暗い過去があって、それは本当にありえない設定で、まあお楽しみです。


ウィル・フェレルはアダム・サンドラーと同じで真面目で寡黙な役がうまい。

しかもそれだけでは終わらず必ずキレるというか爆発するシーンが待っていて、お約束ですがやっぱりメインの見どころはキレ具合だとおもう。


プロットは最近話題となったポンジー・スキーム関連で、コメディーだしあまり重要じゃないんだけど、犯罪ものゆえに事件の解決は気になる。


それなのに後半話のテンポが落ちていってジョークも繰り返しが増えてつまんなくなっていった気がします。(それで後半20分寝てしまって、見直しました。)


それよりも、やっぱりマイケル・キートンが私はすきだなー、でもこの人の顔シワシワになっちゃったなー(59歳だって)、としみじみ思った映画でした。




クリックありがとう!ランキング参加中!?ここをおしてね→【人気ブログランキング北米 】
スポンサーサイト

« 英国王のスピーチ (2010) | Home | ソーシャル・ネットワーク(2010) »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。