スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒストリー・オブ・バイオレンス (2005)
Sun.13.11.2005 Posted in 犯罪・ミステリー
0 comments 1 trackbacks
全米公開も終わりそうな A History of Violence を昨日見てきました。
正直ちょっと期待ハズレ。映画は期待してみないほうが良いときってありませんか?IMDBでのレーティングは7.6(10段階)だし、友人(男性)の強い推薦もあって、エクスペクテーションはかなり高まっていたのがよくなかったかも。

ジャンルは犯罪、ドラマ、スリラーということもあって、ネタバレなしに話すことが難しいけれど、不満だったのは不適切な性描写(男が薦めるハズだわ)と、最後のどんでん返し(Twist)。性描写が嫌いなんじゃありません。センスがよければ大好き。(笑)今回のは必要性があまりないヌーディティが多かったような気がする。ヴィゴー・モーテンセン(「ロード・オブ・ザ・リングス」)のお尻が見たい人は、どうぞ!そのシーンは悪くないです。

どんでん返しの部分はどこからがTwistなのか、ハッキリしない、メリハリがないかんじ。自分のレーティングだと、6.5くらいかな。役者の演技は奥深くて見ごたえあり。ご覧になった方、感想ください。ブログ始めて5日目にも既に何人かビジターがいるようで、嬉しいです。コメントさらにいただけると助かります。今後ともよろしゅうたのんます。
人気blogランキングへbanner_02.gif

スポンサーサイト

« クラッシュ(2005) | Home | ホーム・フォー・ザ・ホリデイ(1995) »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback

■A Hisory of Violence 監督:デヴィッド・クローネンバーグ

■A Hisory of Violenceヒストリー・オブ・ヴァイオレンス●トムは、インディアナのミルブロックの小さな町で弁護士妻と子供と幸せで静かな人生を送っていた。 しかし、ある夜、トムのカフェレストランは凶暴な強盗に襲われる。トムは危険を察知し、とっさの判断でお客と友


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。