スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スリーピング・ディクショナリー(2002)
Sun.19.02.2006 Posted in 恋愛・青春もの
0 comments 0 trackbacks
Sleeping Dictionary
banner_02.gif

原題:The Sleeping Dictionary

『ダーク・エンジェル』のジェシカ・アルバが大胆にも脱ぐ!というリビューをアマゾン・ドット・コムかなんかで観て、借りてしまった。でも肝心の部分(胸です)は明らかに吹き替え(ボディ・ダブル)だなー。失敗。

ストーリーはディズニー映画以上に能天気で、都合よすぎる展開。史実にのっとってるかどうかは怪しい。そこを突いたらおしまいかもしれない。

‘スリーピング・ディクショナリー’というのはインドネシア森林奥地に住むあるの原住民の間で伝わる伝統で、入植してくる西欧の高官に現地の言葉を教えるために送り込まれる女性のこと。身の回りの世話をし、夜も一緒に寝る。だから「寝る辞書」と呼ばれ、その女性の娘は代々「寝る辞書」となる。...

ジェシカ・アルバはどう見てもインドネシア人に見えないが、そういった‘スリーピング・ディクショナリー’を勤める女性と英国人の軍人との間に生まれたハーフ、の設定なので、それもありか。

アルバ自身はメキシコ系(父)と白人(母)のハーフだけど、「ダンス・レボリューション」(これもまた、「観るんじゃなかった」映画(笑)。)では黒人と白人のハーフだった。エキゾティックな顔立ちがチャーミングだけど、主役張るほど演技は???で、天は二物を与えずなのよね。彼女のプロモーション・ビデオ的な映画になってしまったのはしょうがないかもねー。

演技やプロットは期待できないし、官能シーンもベタの連続でしたが、悪役に『チャーリーとチョコレート工場(2005)』のチャーリーのお父さん役だったノア・テイラー発見。彼のプロフィールを見ると『あの頃、ペニーレインと』にも出てたらしい。多分バンドのバスの運転手だな。

次の映画行こう!次!

ランキング、今日は何位かな?【人気ブログランキング、清きワンクリックお願いします! 】 banner_02.gif
スポンサーサイト

« 南極物語(2006) | Home | 17歳の処方箋(2002) »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。