スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ステーション・エージェント(原題)(1993)
Mon.06.03.2006 Posted in 人間ドラマ
2 comments 0 trackbacks
Station Agent
banner_02.gif

原題:The Station Agent

今日は、可愛くて、ホノボノとしたヒューマンな作品。ポスターを見る以外、予備知識なしでみて、それがとっても良かったので、ここではあまり書かないでおきたいです。

舞台はニュージャージー州の田舎で、鉄道マニアの小人(小さい人)の“フィン”の物語。ここでの小人は自分で“ドワーフ”と呼んでいる。

日本ではありえないけれど、アメリカの映画って小人の俳優さん達の活躍が目立つ気がします。『オースティン・パワーズ』の“ミニミー”とか、クリスマス時にはサンタを手伝うエルフ(小人)役の俳優さんたちなどなど。

今回は、人目から離れて静かな生活をしたい「小さい人」の“フィン”と彼から目が離せない回りの人々。シネマガールも目が離せませんでしたねー。彼、不思議なオーラがあります。 【IMDBのリビュー】で彼をセクシーだという女性がいたけれど、あながち、そういう意見は多いかも。ミニミーと違って、声も深くてナイスだしね。

そして、NJ州。ガーデン・ステート(庭の州)というニックネームのあるニュージャージーってNYCからハドソン川を渡ってすぐお隣だけれど、車で30分も走れば、かな~りな~んにもない田舎になる。

そんなギャップが魅力的でもあり、悲しくもあるようなニュージャージーへようこそ!といってるようで。私もすんでみたいな~、NJの片田舎に。

ニュージャージー出身の私の彼氏は、ニュージャージ・トランジット(列車)と周りの風景や地元で人気のビール、ローリング・ロックを飲んでる様子とか、とか、懐かしくもあり、忘れたくもある、そうです。(笑)

脇役の俳優陣も地味目だけど、「あっ、この人、よく出てくるいい役者(女優)だ!」と思う人ばかり。映画の中のなんでもない日常の瞬間一つ一つをじっくり楽しみたい人、是非トライしてみてちょーだい!プロットのつじつまだとか、結局何がおきたのかが気になる人は退屈な1時間40分かも。

日本では未公開らしい。2003年のサンダンス映画祭で脚本賞、観客賞受賞、ということで、映画館は無理でもDVDで是非にも公開して欲しいところ。

いつも応援ありがとうございます!【人気ブログランキング、清きワンクリックお願いします! 】 banner_02.gif

スポンサーサイト

« 速報:大番狂わせのアカデミー | Home | ブロードキャスト・ニュース(1987) »

comments

NJって侮れない

私は屋台の男の子に注目してしまいました。 とっても邪魔なんだけど、追い払うことのできないキュートなキャラでしたわ。
パトリシア・クラークソンも素敵。
もちろん小人のフィンも。
この変なトリオが一緒になってとってもいい味出してました。
素晴らしいニュージャージー映画ですよね。

★Sycoさん

屋台の男の子、注目なり!なんであんなところに毎日屋台をおくの?って疑問はありましたが。(笑)

調べてみるとLaw & Order、Six Feet Under、などテレビには沢山出てましたね。Sex and the Cityのエピソードごとに変わるデートの相手の一人だったのを覚えています。サマンサが「アンタのCumはマズイから飲めない」といった発言をする強烈なエピソードで、彼はハンサムだけどちょっとマヌケなカンジが印象的でした。

パトリシア・クラークソン、名脇役で、気になるお姉さまです。先週「グリーン・マイル」テレビでやってて、彼女が出てたの新鮮でした。

あのトリオのバランス、いいですよねー。NJの田舎でも仲間がいればそこが都、と思えてきます。少し前の映画ですが、思いがけなく遭遇できて良かったです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。